• あれ?一重なの?!ブルゾンちえみから学ぶメイク術
  • 「眠そう」とは言わせない!目元パッチリメイク
  • 二重の幅によってアイメイクは違う!効果的な入れ方
  • 奥二重さんのためのアイメイク術
  • 奥二重さん向け、アイラインのひき方
Eyeされ二重になるには > 目元全体の悩み > 奥二重さん向け、アイラインのひき方

「二重になる」ことに特化したWebマガジン

  1. >>
  2. >>
  3. 目尻の三角ゾーンでセクシーな目元にできる

美人な印象を作る三角ライン

三角ラインはアイメイクをするにあたって大切な場所です。
目力のある目元にするためにはきちんときれいに三角ラインを入れる必要があります。

しかし上手に入れられないとアイメイクが派手な印象に仕上がってしまうこともあります。
自分の目の形に合った三角ラインを入れて美しい目元を作りましょう。

三角ラインの埋め方

三角ラインを引く場所は目尻の上にある三角の部分です。
ここをきちんと埋めてメイクをするだけで目の幅が大きく見えるようになります。
そのため自然と目が大きくはっきりとした印象にすることができるのです。

アイラインを入れる際少しでも目が大きくなるようにとアイラインの最後をはねさせて目尻を大きく見せようとします。
しかしあまりにもラインを引きすぎると目元がハッキリとした印象になりすぎて濃いメイクの印象になりがちです。

また目の形によってはあまりラインで強調しすぎると逆に目の小ささが際立ってしまいます。
そこで無理なく三角ラインを生めるようにして自然な仕上がりを心掛けましょう。

目尻の三角ラインを引く時には目尻から2㎜ほどはみ出るようにアイラインを伸ばします。
目尻を伸ばしたラインと目尻の間に空間ができる場所が三角ラインを引く場所です。
ここを埋めていくのですが自然な仕上がりにしたい時にはアイシャドウの最も濃い色を使うと仕上がりがナチュラルになります。

しっかりと目元を強調したいという場合にはペンシルのアイライナーを使うようにします。
ペンシルのアイライナーを使うことでしっかりと目元に三角ラインが入りますが強調しすぎず仕上がります。

目の輪郭をはっきりしたい場合にはリキッドライナーを使ってアイラインを引くと立体感も出ます。
自分の目の形や仕上げたい印象によってアイライナーやアイシャドウをうまく活用して三角ラインとアイラインを引いて仕上げるようにしましょう。

目が小さい人向けの三角ライン

つるんとした小粒の目元は大きく見せようと三角ラインを大きく入れがちです。
しかし入れすぎても効果はありません。
目尻の三角ゾーンを少し埋めるだけで目元が引き締まり元の目力を活かしたメイクができるようになります。

三角ラインを入れるにあたっては目尻のくぼみの三角ゾーン部分を塗りつぶすようにします。
その後目尻から3㎜のところまでアイラインを引っ張っていき三角ゾーンとつながるようにラインをつなげ最後に塗りつぶすようにしましょう。

目元が小さいのをカバーしたい場合には黒のリキッドライナーでラインを引くと効果的です。
リキッドライナーはしっかりと色が出るのではっきりとした目元になり小粒目のまとまった目元がさらに引き立ちます。

loveeee2eyeeee.info

RELATED ARTICLES