• あれ?一重なの?!ブルゾンちえみから学ぶメイク術
  • 「眠そう」とは言わせない!目元パッチリメイク
  • 二重の幅によってアイメイクは違う!効果的な入れ方
  • 奥二重さんのためのアイメイク術
  • 奥二重さん向け、アイラインのひき方
Eyeされ二重になるには > 目元全体の悩み > 奥二重さん向け、アイラインのひき方

「二重になる」ことに特化したWebマガジン

  1. >>
  2. >>
  3. アイシャドウで二重幅をつくろう!
アイシャドウ

一重メイク、実はアイシャドウで可能です

一重のメイクについてはアイプチで作ったり、最近はつけまつげを利用して作るという人もいて、皆さん工夫されているようです。
自然に、きれいな二重、大きな目になりたいという願望を一重の方の多くが持っています。
その願望をかなえるために、ナチュラルに二重を作る、アイシャドウテクニックがあるのです。

アイシャドウで二重なんて作れないでしょ?という方もいますが、メイク上手な方はアイシャドウによって無理のない二重を作っています。
その方法をしっかり覚えて、アイプチなどが必要ないメイクにチャレンジしてみるべきです。

あなたの一重はどんなタイプ?

一重といってもすっきりした切れ長の目もあれば、ぽてっとして重さを感じる一重があるのです。
すっきりした一重の場合、瞼の厚みが少なくいわゆる切れ長の涼しげな眼という印象になります。
凹凸が少なくのぺっとした印象になり、冷たいといわれることもあるようです。

厚みがありぽてっとした一重の場合、瞼が黒目にかぶさるようなイメージがあります。
瞼の脂肪が多く、厚みを強く感じさせてしまう一重はアイラインをしても隠れてしまったり、つけまつげが下を向くなど、メイクにいろいろな悩みがあるようです。

注意すべきメイクポイント

一重の方が目の周囲を囲むようなメイクをしてしまうとかなりきつい印象になります。
目を大きくはっきり見せたいとこのようなメイクになることがありますが、帰って目を小さく、きつい印象にしてしまうのです。

またアイラインを引いてもアイラインが隠れて意味がないという人も多いと思います。
一通りアイラインを引いてみて、正面から鏡を見て見えるかどうか、確認するようにするとうまくひけるようになるようです。

ブラウンのアイシャドウで立体的な目を作る

黒よりも自然で立体感を強く出してくれるブラウンのアイシャドウは、一重メイクにかかせないアイテムとなります。
自然に目を大きく見せてくれる効果と、きつくならない柔らかいイメージのメイクができるのです。

アイシャドウを利用する前に、コンシーラーで目元のくすみを押さえて、特に目の下のクマなどを黄色系のコンシーラーで消しておくと目が大きくきれいに見えます。
ブラウンのアイシャドウは単色ではなく、グラデーションカラーを利用し、まつげの上、2㎜くらいを濃いめのブラウンで瞼全体を薄いブラウンでグラデーションをつけて調整すると、一重が二重のようになってくるのです。

眉の下にホワイト、ベージュなどの明るいカラーを入れるとより立体感が出て二重の印象になります。
眉をしっかり整えること、また鏡を正面から見て、眼を開き二重に見えるかどうか確認しながらアイシャドウを載せていくとうまくいくはずです。

first

RELATED ARTICLES