• あれ?一重なの?!ブルゾンちえみから学ぶメイク術
  • 「眠そう」とは言わせない!目元パッチリメイク
  • 二重の幅によってアイメイクは違う!効果的な入れ方
  • 奥二重さんのためのアイメイク術
  • 奥二重さん向け、アイラインのひき方
Eyeされ二重になるには > 目元全体の悩み > 奥二重さん向け、アイラインのひき方

「二重になる」ことに特化したWebマガジン

  1. >>
  2. >>
  3. 目元の運動!二重筋トレ
二重筋トレ

目の利用は人によって違う

今は目を酷使することが多くなっているといわれています。
スマホ、ゲーム、パソコン、テレビ、デジタル機器などもたくさんありますので、目を利用する機会が昔と比較して格段に多くなっているのです。

本を読む、漫画を読むということもありますし、日々、仕事でパソコンを利用するという人は、常に眼精疲労状態になっています。
スマホで本を読むときには通常の書籍などよりも文字が小さいので、見ようとする力が通常よりも働き、目が疲労することも多くなるのです。

いずれにしても、この目を酷使する状態では、瞬きの回数が少なくなっています。
特に仕事でパソコンを多用する人は、瞬きの回数が極端に少なくなるので、ドライアイに悩む人もいますし、視力が格段に落ちたという人もいるのです。
目の健康のためにも大切なことが瞬きで、この瞬きをしっかり行うことで、二重になるトレーニングもできるといわれています。

瞬き体操の方法とその効果とは

目をギュッと思い切り力を入れて閉じる、その後ゆっくり開くという体操を20回ほど繰り返すのが瞬き体操です。
この体操を行う時には数メートル離れている文字などを見つめながら行います。

次に片手をまっすぐ前に伸ばした状態で人差し指を立て、目線を移動させる体操です。
指を少し上げて上目遣いになるようにしながら、目線の移動を20回行います。
この体操を行うことで、目の疲労を取る、軽減することが可能です。

二重を作る瞬き体操は、姿勢をしっかり正してから目を上目遣いにして、軽く中央に黒目を寄せて大きく見開きます。
上目遣いにしたまま、10回瞬きをする体操です。
この時、目が奥の方に引っ込んでいくようなイメージを持ち、眉毛ではなく瞼を強く動かすように行うと効果的といわれています。
瞼の脂肪を減らすことができ、自然に二重に近づけていく方法です。

最後に瞼のマッサージ方法の紹介をします。
目を大きく開き、目、眉の間を親指の腹で圧を変えていくマッサージです。
右斜め上から真上、左斜め上と順番に動かしていきます。

目の瞼の辺りを触ると骨に当たりますが、その骨に沿うように行うとうまくできるようです。
眼球を強く押さないように、骨のほうに向かってマッサージすることを考えて行うようにすることが注意点となります。

目の疲労が取れない方、また二重になりたいと思っている方はぜひ、このマッサージ、トレーニングを行ってほしいです。
継続的に行っていれば効果も出てくると思います。
眼瞼下垂、麻痺などの予防にも役立てていける方法です。

first

RELATED ARTICLES