• あれ?一重なの?!ブルゾンちえみから学ぶメイク術
  • 「眠そう」とは言わせない!目元パッチリメイク
  • 二重の幅によってアイメイクは違う!効果的な入れ方
  • 奥二重さんのためのアイメイク術
  • 奥二重さん向け、アイラインのひき方
Eyeされ二重になるには > 目元全体の悩み > 奥二重さん向け、アイラインのひき方

「二重になる」ことに特化したWebマガジン

  1. >>
  2. >>
  3. 二重の癖付けをするマッサージ
マッサージ

一重を二重にするためのマッサージを覚えよう

一重の方は重たい印象、冷たい印象、怒っているように見えるなど、コンプレックスとなっている人も少なくないようです。
二重の人からするとクールビューティーというイメージで涼やかな美しさがあり、一重になりたいと思っている人もいます。

アイプチなどを利用して二重にするための努力をされている方もいますが、実は、マッサージによって一重を二重に癖付けすることができるというのです。
このマッサージを行えば、面倒な二重づくりをしなくてもよくなり、時短メイクができます。

マッサージしてできる二重

二重といっても見た目にいろいろな形があり、平行型、末広がり、奥二重などいろいろです。
マッサージで作ることができる二重は、末広がりタイプの二重で、二重のラインが徐々に目尻方向に幅広となっているタイプになります。
日本人の多くがこの二重といわれるため、より自然な二重にできるのです。

マッサージを行うことで、一重の方を二重に、また二重の幅が狭く奥に押し込まれているような印象の奥二重も二重の幅を広げてきれいな二重に見せることができます。
このマッサージは、二重のラインの癖をつけるというイメージで行うマッサージです。
参考URL マッサージを行うことで二重まぶたになれる?

瞼に脂肪が多いため、一重の状態となっている瞼をマッサージによってすっきりさせ、脂肪を移動させたり減らすという目的で行います。
おなかの脂肪を減らすマッサージがあるように、瞼の脂肪を減らすマッサージを行うと思っておけばイメージしやすいです。

最初に瞼の脂肪を落とす筋トレから開始

目まず瞼の脂肪を落とすマッサージを施します。
眉毛の上の筋肉を動かすことなく瞼気を行う筋トレで瞼の脂肪を落としていくのです。
眉毛から上の筋肉を利用しないように、額に両手を当てて目を大きく開いて5秒、眼を閉じて5秒、これを5セット繰り返し行います。

この時、眉毛から上が動かないように、瞼を動かすことを意識して行うとうまくできるはずです。
この筋トレを継続的に行うことで、次第に瞼の上の脂肪が取れていきます。

ラインを作るマッサージ

脂肪が少し取れてきたら、合わせてラインを作るマッサージです。
何度も繰り返し行うと、ラインができるコツがわかってくると思いますので、あきらめずに何度も行います。

引っ張り方法は、指の腹で瞼を眼球に沿うようにこめかみ手前に引っ張るイメージのマッサージです。
この引っ張りを行うと、瞼にすっとラインができます。
癖がつくまで何度か繰り返し行っていると少しずつラインが出てくるのです。

次にライン方法を行います。
瞼に自分が理想とする二重のイメージを持ちながらラインを何回も書く方法です。
この時、綿棒やプッシャーなどを利用して癖付けしていくと自然にラインが付くようになります。

どのくらいの期間でラインができる?

1日ですぐにラインが付くということはないのですが、マッサージのコツをつかみうまく行った人は、1週間くらいでできたと胃人もいるようです。
人によって瞼についている脂肪の多さが違いますので、薄い人ほどうまく作りやすくなります。

継続的に行うことが秘訣となりますので、辛抱強く行うのです。
あまりこすりすぎたり、回数を多く行うと瞼があれてしまうので、ほどほどに行うことも大切なことになります。

first

RELATED ARTICLES