• あれ?一重なの?!ブルゾンちえみから学ぶメイク術
  • 「眠そう」とは言わせない!目元パッチリメイク
  • 二重の幅によってアイメイクは違う!効果的な入れ方
  • 奥二重さんのためのアイメイク術
  • 奥二重さん向け、アイラインのひき方
Eyeされ二重になるには > 目元全体の悩み > 奥二重さん向け、アイラインのひき方

「二重になる」ことに特化したWebマガジン

  1. >>
  2. >>
  3. 二重整形手術がバレない方法

整形したい、でもばれるのはいや

美容整形先進国と呼ばれる韓国では整形することに抵抗感を持っていない人が多いので、二重にする整形を行ったとしても、周囲の人がそれほど気にすることはないようです。
また日本も、最近は多くの方が整形を経験しているので、昔ほど、気にされる方はいないといえます。

しかし、二重にする整形など、職場の人や友人に気が付かれるのはいや、という人も少なくないのです。
そこで、二重整形がばれずに受けることができる方法はないのか?いろいろとその方法を調べてみます。

ばれにくい二重手術とは

二重の手術はいくつもの種類がありますが、クリニックなどによっては一つの方法以外行っていないということもあるようです。
二重にする美容整形を大きく分けると切開法と埋没法に分けることができます。
このうち、ばれにくい整形が埋没法です。

埋没法は利用する糸の太さ、柔らかさなどが違います。
糸が細く柔軟性があるほうが、腫れも軽減できるのでばれにくい二重手術といえるのです。
以前はちょっと太めの糸が利用されていたのですが、最近は血管を結ぶ際に利用する細く優しい糸が利用されているので、より目立ちにくく、腫れにくくなっています。
糸の締め具合で調整が可能となるので腫れをより抑制できるようになったのです。

術式についても腫れを抑制できるものが考案されています。
取れにくく無駄に晴れないような手術方法としては、一筆書きのようにしっかり糸を編み込み、瞼をしっかりささえる、点止めとは違う方法がばれにくいといわれているのです。
結び目が1か所となるので、糸の微調整もでき腫れが起こらないように調整できるといわれています。

またこれは医師の経験によることが強くなりますが、糸を強く結びすぎると腫れやすくなりますし、逆にちょうどよく緩くできると腫れにくくなるといわれているのです。
ただし緩すぎると糸が浮いてしまうので目立ちやすくなります。

丁寧に施術してくれるクリニックを選択するべき

手術の仕方によっては内出血を起こしやすくなり、それがもとで腫れることもあるのです。
腕のいい医師、経験数が多い医師は、そのリスクをよく理解されているので、内出血が起こらないように丁寧に手術します。
慎重に丁寧に行わないと、腫れも内出血も起こりやすくなりそれがダウンタイムを長引かせることにもなるのです。

また糸断面が角ばらない丸い糸を利用することで内出血も抑制できるとされています。
気軽にできる施術ですが、だからこそ、経験数が多くばれないための手術をしてくれる医師のところで行う必要があるのです。

ばれないためのケア、言い訳を考えておく

ばれないためのケアについては、内出血の予防のため、早く冷やすということが必要となります。
痛みの軽減にもなりますので、術後、すぐに冷却することがおすすめです。

冷やしすぎると逆に血液の循環が悪くなりむくみが取れにくくなるので、数日冷やすくらいで考えておきます。
内出血がなかなか消えない場合、医師に相談してお薬などを処方してもらうことも考えるべきです。

埋没法の場合、通常手術直後からメイクができますので、濃いめのアイシャドウをつけてごまかすということもできます。
またアイラインを太めに書いておくと幅広が見えにくくなるのでばれにくくなるはずです。
メガネをかけるのも一つの方法といわれています。

いいわけですが、アレルギーみたいで腫れてしまったとか、昨日家でDVDを見て大泣きしちゃったなどいろいろ考えることが可能です。
逆さまつげで眼科にいって治療してもらったという人もいます。

first

RELATED ARTICLES